COLLABORATION LURE

  • タフコンブルー
  • タフコンブルー
  • テールにグローポイント
  • リアクションボラ
  • リアクションボラ
  • テールにグローポイント
  • ダメージベイト
  • ダメージベイト
  • テールにグローポイント
  • インパクトチャート
  • インパクトチャート
  • テールにグローポイント
  • ウーンドフローブラックイナ
  • ウーンドフローブラックイナ
  • ライムゴールドパワーイナ
  • ライムゴールドパワーイナ

【ジョインター別注カラー】
ジャンプライズ ぶっ飛び君 95SS

茨城の涸沼で生まれた爆釣カラー
現代のシーバスシーンに求められたスペシャルカラーをジャンプライズ社の「ぶっ飛び君95SS」に施しました。

タフコンブルー 本体価格 1,900 円(税込 2,090 円)
リアクションボラ 本体価格 1,900 円(税込 2,090 円)
ダメージベイト 本体価格 1,900 円(税込 2,090 円)
インパクトチャート 本体価格 1,900 円(税込 2,090 円)
ウーンドフローブラックイナ 本体価格 1,900 円(税込 2,090 円)
ライムゴールドパワーイナ 本体価格 1,900 円(税込 2,090 円)

WILD-1 オンラインストアで購入する

全長 95mm
重量 16g
フック ST-46 #4
カラー タフコンブルー、リアクションボラ、ダメージベイト、インパクトチャート、ウーンドフローブラックイナ、ライムゴールドパワーイナ

シンキングペンシル界の革命児!
是非使って欲しいは、歴史のあるフィールドの「涸沼」ですが干潟や河川・・・いろんなフィールドでお使いください。

●95mm・16gの広範囲低重心成型ウエイトシステム、そしてぶっ飛び君の形状だからこそ可能な超高次元での性能の融合。
●飛距離はクラス最高峰。浮き上がりの早さと浮遊感漂うナチュラルスウィングアクションでプレッシャーの高いシーバスからシャローのシーバスまでを攻略。
●河川、干潟etc…内湾シーバスをメインに、あらゆるフィールドで活躍間違いなし!そんなすばらしいシンキングペンシルに別注カラーを施しました。
●有効なアクションは高速リトリーブやリフトアンドフォール。

●タフコンブルー

アメリカのブラックバスシーンで人気のカラーをリスペクトしつつ、日本のシーバスにマッチするかラーリング。
マットクリアのボディにチャートやオレンジのアピールカラーをのせました。
ベイトが多く、手詰まり感のあるタイミングに効果を発揮します。テールにはグローポイント付き。

●リアクションボラ

マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。テールにはグローポイント付き。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

●ダメージベイト

いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

●インパクトチャート

基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

●ウーンドフローブラックイナ

ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビをまとって瀕死の状態になっている状況を再現し、抜群の威力を発揮した復活のリクエストが多かったカラーでもあります。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高いです。

●ライムゴールドパワーイナ

フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
ジョインタースタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。