COLLABORATION LURE

  • ライムゴールドパワーイナ
  • ライムゴールドパワーイナ
  • リアクションボラ
  • リアクションボラ
  • ウーンドフローブラックイナ
  • ウーンドフローブラックイナ
  • ワイルドクリア
  • ワイルドクリア
  • ラウドオレンジ
  • ラウドオレンジ
  • タフコンブルー
  • タフコンブルー
  • バニシングレモン
  • バニシングレモン
  • インパクトチャート
  • インパクトチャート

【ジョインター別注カラー】Megabass メガバス カゲロウ100F

Jointerスタッフ考案 「カゲロウ100F」 Jointer別注カラー

本体価格 2,000 円
(税込 2,200 円)

WILD-1 オンラインストアで購入する

タイプ フローティング
サイズ 100mm
重量 約12g
フックサイズ #5
カラー ①ライムゴールドパワーイナ②リアクションボラ③ウーンドフローブラックイナ④ワイルドクリア⑤ラウドオレンジ⑥タフコンブルー⑦バニシングレモン⑧インパクトチャート

日本中の海や湖沼を経験してきたJOINTERスタッフの実績に基づいて考案された別注スペシャルカラー。
今回は人気のメガバス社「カゲロウ100F」で制作。
是非お気に入りのシーバスフィールドでお使いください。

【カゲロウ100F】
シーバスが表層を意識し、イナッコ、カタクチなどの小型ベイトを捕食しているシチュエーションにアジャスト。
カゲロウ124Fと同様、大きく切られたダーターカップで水を強く押し動かし、リトリーブスピード低~中速域では微細なナチュラルロールアクションでバイトを誘発します。
潜行深度は20~60cmに設定。

【JOINTER別注カラー解説】

①ライムゴールドパワーイナ

フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

②リアクションボラ

マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

③ウーンドフローブラックイナ

ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

④ワイルドクリア

近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

⑤ラウドオレンジ

「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

⑥タフコンブルー

アメリカのブラックバスシーンで人気のカラーをリスペクトしつつ、日本のシーバスにマッチするかラーリング。
マットクリアのボディにチャートやオレンジのアピールカラーをのせました。
ベイトが多く、手詰まり感のあるタイミングに効果を発揮します。テールにはグローポイント付き。

⑦バニシングレモン

「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

⑧インパクトチャート

基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。